初マラソンでの失敗パターン集

初心者向け
ラック
おっしゃー!明日は初マラソンだし、しっかり練習して、がっつり食って、前半からガンガン飛ばすぜ~!
ラキ
ちょいまち。前日に練習なんてもっての他。おなかに優しいもの食べてゆっくり休んでね。
ラック
そうなの!?なんか元気なくなりそうだけど。。
ラキ
レースは前日から始まってるのよ。しっかり疲れをとって、スタートしても飛ばさず温存。これ鉄則!
ラック
はい、師匠!!

初めてマラソンを走る時は、色んな心配がありますよね。

今日はついつい間違えてしまう、初心者ならではの失敗パターン集をご紹介します。

前日につい走ってしまう

初めてのマラソン大会前日は気持ちも高揚してしまい、ついつい走ってしまいがちですが、前日に練習をすることは禁物です

日頃から膨大な距離を踏んでいるプロランナーは別ですが、市民ランナーの皆さんが前日に練習をすると、疲労をためる原因となり翌日の完走に向けてマイナス要因となってしまうかも知れません。

前日はランニングはもちろん、重い物も持ったり、筋トレすることもご法度です。

とにかく安静に過ごすことを心がけましょう

前日にがっつりしたものを食べてしまう

こちらは有名かも知れませんが、前日の食事として敵(ステーキ)に勝つ(とんカツ)は控えた方が無難でしょう。

長距離のランニングは胃腸への負担が大きいと言われているため、当日胃もたれした状態でスタートを迎えることは完走に向けてリスク大です。

消化の良いうどんやおかゆなど、胃腸への負担を抑えつつ、炭水化物をたくわえることを意識した食事を心がけると良いでしょう

スタートブロック入場に間に合わない

大きな大会になると、スタート前に並ぶブロックが申請タイム順に分けられています。

スタートブロックへの入場は、スタート前の30分前後に締め切られることが多く、遅れてしまうと最後尾からのスタートとなってしまいます。

スタートブロックへ余裕をもって入場できるよう、着替え、荷物預け、トイレに並ぶ時間など逆算して見積もっておきましょう

スタート直後にオーバーペースになってしまう

ようやく当選した大会は、興奮してついつい飛ばしてしまいがちです。

抑えて走っているつもりでも、沿道からの盛大な応援や、周りのペースに引っ張られて気づけばオーバーペースになっていることも。

前半飛ばしてしまったり、人混みを縫うようにジグザグ走行をしてしまったりすると、後半の脚に確実に響いてきてしまいます

初心者ほど、事前に設定しておいたペースを守るように心掛け、後半も確実に走りきれるように貯金しておきましょう。